ブラックだと審査に通りにくい?

カードローンやその他のローンを利用する人にとっては「ブラックリスト」乗るということはぜひとも避けたいことです。「ブラックリスト」に載ってしまうとその後新たな借り入れができなくなります。もちろんブラックリストといっても、実際にそのようなリストがあるわけではありません。

 

「ブラックリスト」に載るというのは信用情報機関に登録されている個人情報に審査に通らないような情報が登録されるということです。

 

審査に通らないような情報というのは債務整理や「異動」と呼ばれる記録です。債務整理には任意整理や個人再生、自己破産などがあります。また「異動」というのは「返済日から61日以上、または3ヶ月以上の支払遅延(延滞)があるまたはがあった時」と定義されています。それで、この債務整理や「異動」の記録があると銀行カードローンや大手消費者金融の審査には確実に落ちます。

 

ですが、ネットなどを見ていると債務整理中でも審査に通るという消費者金融があるようです。債務整理の記録は5年間は登録されたままなのですが、債務整理から2、3年経過していれば、債務整理の記録が残っていても借り入れができるという場合もあります。債務整理中でも借入ができるのは中小規模の消費者金融のカードローンですが、ブラックでもOK!といっている消費者金融の中にはヤミ金もあるので注意が必要です。よく調べずに安易に利用することがないようにしてください。

 

また、自分がブラックになった場合、配偶者がカードローンを利用する場合に影響しないかという心配がありますね。たとえば自分の信用情報は問題ないけれど奥さんがブラックの場合借り入れはできるかとか、専業主婦がカードローンで借入れをしたいけれど夫がブラックだったら借り入れはできるだろうかという心配があります。

 

基本的には配偶者がブラックでも借入ができます。審査の際には本人の信用情報が確認されるだけで、配偶者の信用情報は確認されないからです。ですから、自分の借り入れの状況は配偶者にも内緒にできます。専業主婦でも借りれるカードローンに専業主婦が申し込んだ場合でも、配偶者の信用情報が確認されることはありません。ただ、住所や姓、電話番号などが一致して、配偶者がブラックであることが銀行や消費者金融にわかってしまう場合はあります。そうなると専業主婦でも借りれるカードローンだとしても、審査に通るのはかなり難しくなります。

 

ブラックになっていてもお金を借りたいと思うことがあると思いますし、実際にブラックの人にもお金を貸す消費者金融もあります。ですが、債務整理中なら新たな借金はしないのがベストです。以前に返済に行き詰まった経験があるのですからその教訓を生かして、借金しなくても生活できる方法を身に着けてください。また、実際に今カードローンを利用している方なら自分の信用情報に傷がつかないように返済は毎月きちんとしてください。配偶者に内緒でカードローンを利用している専業主婦の方も、返済には十分気を配りましょう。延滞すると、返済するようにという電話が来たりや督促状が届くようになります。そうなると配偶者には内緒にはできなくなりますし、何より家庭の中がギクシャクしてしまいます。カードローンでお金を借りるときには、返済のこともきちんと考えて慎重に行動するようにしてください。